以外と転職をしている業界

教育業界は、以外と転職先が多くありますし、転職される方が多くいます。
教育関係から他業界へという訳ではなく、同じ業界の中で、仕事の現場を変えることがあります。
学校と一言で言っても、小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校などたくさんあります。
特に、大学と専門学校の間で転職のチャンスがたくさんあります。
大学では、従来通りの研究的な要素だけではなく、職業に関する実践力が求められるようになっています。
専門職的な能力と研究の能力は全く異なる能力になるので、大学では新たな人材を必要としています。
そこで、専門学校という職業教育を教える教員に声を掛け、不足した人材を補う動きがあります。
反対に、専門学校としては、大学で教員経験がある教員には、多くの学部で専門領域の授業を教授する資格が与えられるので、是非とも欲しい人材です。
大学での教授歴は専門学校で働く上で非常に有利です。
これら二つの学校組織は、お互いに在籍している教員に欲しい人材がいるため、相互に動きがよくあります。